相続税が気になる!早めの相談をおすすめします

自分は関係ないと思っていませんか

相続税なんて一部のお金持ちの話で自分には関係ないと思っている人もいるかもしれません。しかし、例えば両親が都心部の一戸建てに住んでいるという場合は相続税の課税対象になる可能性が高いです。都心部は地価が高いからです。加えて以前はあった持ち家に対する特例措置も近年縮小されました。このため、相続税の課税対象は実はかなり広がっています。気になる人は一度自分が課税対象になるのか確認してみたほうが良いでしょう。

相続税対策は早めにする必要があります

今は元気な両親でも何が起こるかわかりません。突然不幸があって相続税を払う必要が生じると大変です。現金が足りない時は土地や家を売却することになります。そして、税金の支払いには期限があるため、売却を急がなければなりません。この場合、足元を見られて物件を買い叩かれる危険性があります。相続税対策は早めに行うことをおすすめします。対策しておけば不幸があったときに慌てずにすみますよ。相続はいつか必ず起きる問題です。縁起でもないと避けずに普段から話し合っておいたほうが良いのです。

相続税の相談に行きましょう

何を対策すれば良いかわならない時は専門家に相談することをおすすめします。相続税の相談は税理士、弁護士、司法書士、信託銀行などが行っています。相続税の申告は税理士にしかできません。特に相続人間で争いがないときは税理士に相談するのが確実でしょう。相続人間で争いになりそうなときは弁護士に相談すると良いでしょう。相続について多角的に相談できます。相続財産の中に不動産が多い場合は司法書士も便利です。司法書士は相続登記ができます。信託銀行は費用がかなりかかるので資産の多い人向きでしょう。

相続税は現金や不動産などによって大きく異なるので、相続させる財産が大きい方は生前に相続税相談をする必要があります。