心理学を学びたい!あなたにぴったりな大学はここ!

そもそも心理学って何?

心理学は私たちの身近に存在します!例えば、飲食店が壁紙、床などに赤やオレンジなど明るい色を取り入れているところが多いと知っていますか?実はこれらの色は空腹に感じさせる作用があるのです。また、時間を長く感じさせる効果もあることからファストフード店などで見かけることも少なくないはずです。これは人間の感じ方活かしたビジネスでもあり、このように人間をはじめとする多くの生物の心、反応、行動などを通して人間を追求していく学問を総称して心理学と呼んでいるのです。

心理学にはどんな種類があるの?

心理学は大きく分けて基礎心理学と応用心理学に分類されます。基礎心理学は生物そのものをテーマにしているものが多く、周りの環境や、それにより生物がどのように行動を起こすのかなどを研究する分野です。応用心理学はこの基礎心理学を実生活に活かすための方法をうみだす学問です。一般的に心理学と言われているものは、大学において文学部や教育学部、心理学部などで学ぶことができます。大学によって学べる学部も異なりますし、扱っている種類も異なるので自分にあった大学を探してみましょう。

例えばこんな大学で学べる!

心理学は全国で実に400校もあるのです。関東では早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、立教大学などの難関校のほか、東京福祉大学、東京医科歯科大学などより専門的に多くの知識を身につけられる大学もあるのです。しかし、「心理学部」として設置してある大学は10校しかないのです。心理学科を設置してある大学は多くあるのですが、より専門的で実践的な授業を行う心理学部は非常に少ないため、自分が学びたい分野や内容をしっかりと把握しておくことが重要です。

心理学の大学に通う社会人が増えています。多くの社会人が心理学を学ぶ背景には、人間関係の複雑化があります。