信用取引を正しく使えば投資の可能性が広がる

信用取引とはどんな取引なのか

信用取引とは株式を取引する際手法の一つで株式の購入代金の全てを自己資金で購入する取引を現物取引というのに対して信用取引は証券会社に預けた資金の数倍の金額を取引できる制度です。この取引は誰でもすぐに始められる訳ではなく、現金を直接借りるという訳ではないですが、一時的に資金以上の取引をするものなので、現金の借入と同じように証券会社の審査を受けてその審査を通過してからでなければ取引をする事ができないのです。

信用取引のリスクを理解しなくてはならない

信用取引は実際に入金した金額以上の金額を取引できるので、大きく利益をあげられて便利な制度に感じますが、リスクもあるのです。投入した資金以上の取引ができるという事はそれより大きな損失を出す可能性があります。その損失は当然補わなくてはならないので、用意できる限界の資金で信用取引を使用するのは損失を出した時にその損失分の支払いができなくなる恐れがあるので信用取引を使用してトレードをする時はリスクマネジメントが大切になります。

信用取引は投資の幅を広げる方法でもある

株式投資をする時は様々な銘柄から投資をする銘柄を選択して投資をしますが、株価も様々なので人によっては資金不足で購入できない銘柄があったり、購入できても購入したい株数を購入できない場合があります。しかし信用取引を使用して取引をする事でこの問題を解決する事ができるので、資金不足による機会損失をなくす事ができます。リスクもあるのでリスクマネジメントはしっかりした上で利用できれば投資の幅を広げる事ができるのです。

信用取引とは、自分の所持している金額以上の取引ができたり、自分が所持していない株であっても売ることが出来る取引のことです。