誰でも簡単にできる貯金のコツとお金の増やし方

貯金ができないという前に家計を見直しましょう

近年の不景気に伴い貯金がない家庭は約3割とのデータがありますが、お金は日頃から貯める努力としないと予定外の出費で大赤字になりかねないです。お金を貯める為にはまず、家計の見直しが大切です。毎月の収入に対し何にいくらの支出があるのかを正確に把握して、余剰金を貯金に回すと良いです。貯金がない人の中には余剰金なんてないという人もいると思いますが、細かく家計を見直すと案外無駄はあるものです。例えば毎日外でコーヒーを買っているなら、家から水筒を持っていく等してお金を浮かせる事をおすすめします。

積立貯金がおすすめな理由

家計を見直してある程度の余剰金ができたら、余剰金額が毎月引き落とされる積立貯金がおすすめです。これは毎月の収入に幅がある人は難しいですが、毎月ある程度同じお給料であれば今後も毎月余剰金はでるはずだからです。積立貯金は自分で節約してお金を浮かせるのと違い、毎月口座から勝手に引き落とされるのでないお金として考えやすくなります。その上コツコツと貯まっていくので、1年も続けると案外まとまったお金になっています。

長く預けるなら投資信託や保険型貯蓄もあります

積立貯金がある程度できる様になり貯金が増えてきたら、金利や利点のある貯金について考える時です。特に近年の金利は低いと言われがちなので、万が一今後貯金をあてにしないで生活できそうなら投資運用や保険型貯蓄といった選択肢があります。投資運用、保険型貯蓄のどちらも約10年は預ける事を想定しているのでその前に解約すると元本割れのリスクはありますが、10年以上預けられるのであれば金利は普通預金より割高な物がほとんどです。

お金を増やす為にはお金に細かくなる必要があります。株や投資信託等を始める前に、自分の支出管理をしっかり把握する事が大切です。